第43回 栃木県空手道少年錬成大会

さぁ、誠道館初出場の錬成大会

まずは、お決まりの集合写真でございます(笑)


↑↑↑ 1日目、形出場組

からの


↑↑↑ 2日目、組手出場組

そして結果は…


形7位、組手5位 磯選手
誰よりも考え悩みノートに書き留め稽古に励む彼女に対し、かける言葉は「努力は裏切らない」ということ。


7位、組手7位 渋川選手
心が身体的な成長に追いつかない時期を乗り越えての見事な結果。彼の成長に、亡き細川師範の笑顔が浮かびます。


今回、この大会は、生徒だけでなく指導員そして誠道館全体として、また一歩成長できた2日間でした。

そして
生徒たちは、必ず強くなる

立ち止まっている暇はなし💪
8月の大会に向け、やるぞ——–いくぞ———-かつぞ——–!!

第111回渋谷区民春季空手道大会

カツ!活!勝つ!!
本年春も、高栄警備保障様のご支援にて5名の生徒が大会に参加。
強豪揃いの大会に参加させていただけること。本当にありがたい限りです。


空手道を学び続け努力し続けて成果をだした生徒
自分の欠点と向き合いつつ、意欲を持って試合に臨んだ生徒
基本こそ真剣に学び緊張を力に変えて記録をだした生徒
空手道を学び成長するための、勝ちの途中の生徒

心身の成長スピードはみんな違いますが、今回やはり感じたことは、「継続は力なり」ということ。

コツコツと 諦めずに 粘り強く 取り組むことができたら、それが「才能」になるのですよね。

さぁ、才能マスマス開花よ🌸
そして6月には猪俣先生宅でお花見?ですよ❢(生徒全員で)

■第111回渋谷区民春季空手道大会成績
中学生女子 形の部 準優勝/大宮司選手
小学3年生男子 形の部ベスト8/渋川選手
小学3年生男子 組手の部ベスト8/渋川選手


補足
わたくしも形の試合に参加させていただきましたが、満場一致で失格。非常にお恥ずかしいことでございます。

失格のヒント
シートベルトをせずに教習所卒検(卒業検定)を受けた結果でございます。(形を打つ前に失格)

答えがわかった方は五関まで✋

神様を味方に2024年

えっ…雪。。。

誠道館鏡開き&稽古の1月8日はなんと、雪。

積もらない予報ながら寒い。とにかく冷たい。きっと生徒も集まらないだろうなぁ…


あれ?えっ…いや素晴らしい!!!!!

気合が一番はいっていないのはワタシかも。が、しかし、歩道には雪がありますから、神社まで走るのはどうしましょう…の迷いも…

「走る!!!!!!」

と、いうことで


二班に分かれ、まずはマイペースゴセキ走行組がスタートです❢

続きましての、ハンディキャップありスピード組がスタート❢


お願いですから、私たちマイペース組を抜かさないでくださいね…と祈りながら走る。そして寒く冷たく鼻がトナカイです。


さぁ、寒さを癒すママさんたちの笑顔のもとにGOGOGO❢


キャプテン・副キャプテンの玉串奉奠を無事済ませて


みんなで必勝・安全祈願を済ませて


さぁ、帰って稽古だぁぁの前に


神様に元気をPRして、さぁ道場へGOGOGO❢


無事に全員到着❢

一緒に走ってくださった保護者の皆様、本当に感謝です🍀

さてさて、続きましては稽古です。

塩原道場の君島先生&生徒さん3名、小池恵美先生が来てくださいました(o^―^o)


丁寧でわかりやすい且つ指摘の技術がうまい恵美先生のレッスンは、生徒も指導側も本当に勉強になります。恵美先生から「定期的に行けたらと思います!」とのお話をいただきました。本当にありがたいです。


元旦から発生した石川県能登地方地震に驚かされ、今もなお不明者の捜索が続き子どもたちの学校生活にも影響がある中、こうして空手道ができること。「生きていること」は当たり前ではないと強く感じます。

だからこそ、生徒たち一人ひとりの気持ち、その成長は、本当に大事にしてゆきたいですね。


皆様、本年もよろしくお願い致します🌸

2023年納会そして来年へ

さぁ、12月25日の納会&第二回誠道館杯を一層盛り上げるべく、この日のspecialゲストにヨガインストラクターのroughさんをお呼びして、ヨガセミナーからスタートです✨

頑張りました。後方の保護者皆様も(笑)

ヨガの身体原理は空手に活かせるものが多いですね。

あっという間の30分でしたが、みんなの股関節もだいぶ柔らかくなったところで、いよいよ誠道館平安初段大会の幕開け❢

尚、私・いのちゃん先生や上級生徒たちが審判でしたから、写真なし…。

もちろん指導者も試合に出場!!だった中、生徒に負けてしまいました(苦笑)

見事、優勝を勝ち取った紫帯の後藤選手、オレンジ帯の小林選手、本当におめでとうございます✨

さてさて次は、生徒&保護者も一緒にじゃんけん大会❢


景品は、ホテルエピナール那須の60㎝ロングフランスパンでしたから、保護者の皆様こそ盛り上がっていました(o^―^o)

そしてラストは恒例の…♪

集合写真を見て毎回思うことは、これぞ誠道館らしさかなぁと。

生徒たちが全員帰った後、いのちゃん先生と私でシミジミ…

「いい年でしたね。」
「うん。いい年だった。」

先月、当道場の生徒が学校でかいた作文を、生徒の親さんが見せてくれました。

指導者にとって、空手道とはどういうものかということを、改めて実感できた宝物です。

生徒たち全員の心身が成長した2023年。

私たち指導側の体は老朽化…してゆきますが、心はいつでも成長できるもの。

心もえ辰2024年へ❢❢

本年も誠道館を見守りサポート下さった多くの皆様へ

感謝と希望を込めて


虹ヶ丘道場open❢

12月16日㈯は虹ヶ丘認定こども園の発表会✨

「発表会で空手道を披露したい❢」とのご希望により、本年数回の練習を、子どもたちや園の先生、ゴセキ&いのちゃん先生みんなで一生懸命頑張ってまいりました。

もちろん見に行きたい!!!・・・が、仕事せねば。イノちゃん先生に想いを託し、月江園長先生にお写真送っていただき(嬉涙)

園長先生からいただいたお写真をアップさせていただきます♪

この日のために、ゴセキ&イノちゃん先生より白帯をプレゼントさせていただきましたが、まさか…先生方がオリジナルの道衣と看板を作って下さっていたとは(驚)

当日の様子(動画)をイノちゃん先生からgetし、その日の夜じっくりゆっくり見ました。

感動の、涙です。

稽古時間でいうと、わずか半日。本当に短い期間で力強い突き・蹴り・受け技を身につけたこと。礼儀正しく元気よく、おなかの底からだす気合や押忍の声。すべてが私の胸にドカンと響きました。

空手道の披露だけでなく歌や劇と沢山のことを覚えなければならない中、大切な発表会で空手道を取り入れていただけましたこと。

心から、感謝申し上げます。

 空手を通じて自信を持つことに繋がり
 人前で堂々と自分を見せる楽しさを感じているようでした!


この月江園長先生からのお言葉を大切に、私たち指導側は、引き続き精一杯努めてまいります。

感謝と希望を込めて。

下野新聞掲載

本年度の那須塩原市民交流大会結果が下野新聞に掲載されました。

当誠道館結果は赤枠です。

みんな、本当におめでとう❢

第8回 関東大会


本年、当誠道館より11名が出場した関東大会。大会前のワタクシからの差し入れは、猪俣先生お気に入り(笑)の、疲れ吹っ飛ぶブドウ糖power森永ラムネ。さぁみんなの今ある力を出し切れfight❢

さてワタクシも運営側で働かんと…と、隣のコートで「誰あの気合の声?」と目線を送ると…


うちの生徒が同点決勝対決!? 中村くん&小林さんとも、会場内に響き渡る程の複式発声(驚) 堂々見事な型試合で、優勝&準優勝を誠道館が勝ち取りました。

あ—–みんなの試合が見たい(><)

そんな中、またどこからともなく聞こえてきた、腹の底から出す気合… えっ!!渋川くん!?


本当に、よくやった。思わず抱きしめてしまいました(笑)


さぁ午後は組手の部。これぞ相手にプレッシャーをかけて勝機を掴みたいもの。


3位の大宮司さん。本来であれば「おめでとう」でしょうか。ただ試合後の彼女の悔し涙と泣き声に、「よく、がんばった」その一言です。


各々が、今の力を十分発揮できた試合でした。そして、積み重ねてきた練習の成果や態度を披露できたことでしょう。そんな中、賞を勝ち取った4名の生徒は、ブドウ糖効果と次の二つを最大限に発揮。

それは

 成し遂げるべきものを常に頭の中に置き練習をしてきた成果

 悔しさを「忘れない」それを練習の原動力にしてきた成果

「体は心でできている」通りのもの。こうして、空手道を通じて心を成長させてゆくんです。


「くやしい」

それは人を成長させる大切な感情。そして成長の大チャンス✨

 伸び盛り
 くやしさバネに
 誠道館
 By 誠道館成長川柳
 得点:8.5

■第8回 関東地区少年少女空手道選手権大会
12月3日:松戸・和名ヶ谷スポーツセンター
小学1.2年生 型の部 優勝/渋川選手
小学生7級以下 型の部 優勝/中村選手
小学生7級以下 型の部 準優勝/小林選手
小学5.6年生女子組手 第三位/大宮司選手

第14回 市長杯

本年、誠道館30名で臨むはず…だった、市長杯。

今秋大流行中のインフルエンザやコロナ菌に、まず勝つことができず、当日は25名の参加。

が、しかし…

昨年の悔しさを胸に、生徒たち自身コツコツ積み上げてきたものが、少しずつ花を開き始めました。


出場25名全員が、心も身体も成長していることを実感できた日。

その心と身体の成長は人それぞれであり、生徒たちの努力が花開くスピードもそれぞれです。

ただ、稽古に真摯に向き合い、悔しさを忘れず、それでも空手がすきの気持ちで日々稽古をしている生徒は、必ずどこかのタイミングで最善の結果を残すことができること。それが早いのか遅いのかだけのことで焦ることはない。その成果が空手以外でもいいんです。

継続は力なり

さぁ、生徒たちのこの勢いを止めるな❢ 押忍❢❢


■第14回 那須塩原市民空手道交流大会成績
小学2年生女子 形 優勝/村越選手
小学3年生 形 優勝/渋川選手
小学5・6年生女子 自由組手 優勝/大宮司選手
小学4年生男子 自由組手 準優勝/篠崎選手
小学2年生 形 第三位/篠崎(悠)選手
小学2年生 形 第三位/臼井選手
小学3年生 形 第三位/朴選手
小学5年生 形 第三位/篠崎(咲)選手
小学2年生 自由組手 第三位/篠崎(悠)選手
小学3年生 自由組手 第三位/村越選手
小学3年生 自由組手 第三位/朴選手
小学5・6年生女子 自由組手 第三位/篠崎(咲)選手

第110回渋谷区民秋季空手道大会

2回目となる渋谷区民大会。この度も、高栄警備保障㈱様のご支援をいただき、本年今季は8名が出場です❢

小学4年生の磯さん(形の部)が、春から続き秋もメダルGET✨ 猪俣先生、そして私は6年ぶりの大会参加❢ 結果を残すことはできなかったものの、やっぱり楽しい。

いくつになってもチャレンジしたい。試合にでたい。そういうものです(o^―^o)

さぁ、午後は男子たちの試合と組手の部。大会新人の中村くんにカラジョ(※カラジョ→空手女子)たちから勝利のナデナデです(笑)


渋川カラダン&中村カラダン(※カラダン→空手男子)ともに惜しくも3回戦敗退でしたが、レベルアップは一目瞭然。組手の部出場のカラジョ3名はメダルには届かなかったものの、試合組手の練習が半年も満たない3名の成長ぶりには驚かされました。

さぁ、那須へ帰りましょ~。


確りママは背中で語る↑↑↑

本当に頼りになるママさんたち。この度も非常にお世話になりました❢


明日、学校だよね。fight(苦笑)


目標達成への行動がまた一つ増えた生徒たち6名
健康維持への行動がまた一つ増えた指導員2名

来年春の大会では、この行動が結果につながるよう力を尽くしてまいりたいと思います。

忍耐・努力・達成
継続は力なり


■第110回渋谷区民秋季空手道大会成績
小学4年生女子 形の部ベスト8/磯選手
小学4年生男子 形の部ベスト8/中村選手
小学2年生男子 形の部ベスト16/渋川選手

第43回 全国空手道選手権大会

さぁ、いよいよです。

私は、「カツ」と、心の声で叫ぶのみです。

11名それぞれが、本当にがんばった試合でした。

それぞれが、悔し涙を流した試合でした。

ただ、その悔しさを、早くもバネにしている子がいる。

大会二日目の夜、生徒も親さんたちも疲れているのに、私に連絡をくれたこと。

「子の映像を見てもらえませんか」
「子が、悪いところを教えてほしいそうです。」

「子の、久しぶりの大泣きです。」
「子の映像、送ります。」
「ただ、次の関東大会に向け頑張るそうです!」

「子が、次への目標に向かって頑張るそうです!」

素早い反省&素早い次へのチャレンジができる子は、伸びます。

そしてもう一人

さぁリベンジよ。

ひとりじゃないぞ。

みんなで「カツ」

自分に「カツ」

私もイノチャン先生も一緒に頑張るからね💪💪


細川師範

本年は、二日目の決勝でK席最前列にいましたね。
来年も必ず応援にきてください。


■第43回全国空手道選手権大会誠道館成績
小学5年生 型の部ベスト8/篠崎選手
小学2年生 型の部 第4位/渋川選手