黒帯2名誕生!

誠道館創立10周年を迎えた今年。めでたさ2倍(笑)新たに2名の黒帯が誕生しました!


二人とも、緊張しているなぁ。
ただ、手にとった後の自然ないい表情に、私は胸がじ~んときました。

二人が小学校低学年時代から、一緒に稽古に励んできた大切な仲間。

心身が成長するにつれて、いろんな壁にぶつかってきたことでしょう。
勉強や部活動も一生懸命な中で空手道を続けること。保護者の努力もさることながら、本当に立派な黒帯空手家になりました。

「黒帯を取得してからが本当の修行の始まり。」

細川師範が二人に贈った言葉通り、ここからが出発点であることを忘れずに、今後の道のりも確実に進んでゆきたいと思います。

よし!私も頑張るぞ。

2018年8月昇級審査

今夏の暑さと戦いながら、本年第二回の昇級審査がスタート。

今回の対象者は6名。
審査は、日頃の出席日数、稽古態度、年齢や体力の違いも考慮の上、全体を見て昇級を判断します。

そして、今回の6名はというと・・・




小学生男子4名が見事合格!
新しい帯にかえる時の表情は、本当に嬉しそうです。

そして、その嬉しさが一層なのは、大人の皆様(笑)


仕事や家事などで忙しくても健康づくりの重要性を意識し、何より「空手道がすき」の気持ちで稽古や審査に取り組む姿は、本当に立派です。

ママさん会員が増え続けている誠道館。
女性・中高年の方でも安心して稽古に参加できるよう配慮をしています。

もちろん、5歳児から児童・学生・一般男性の方と、随時道場生を募集しております。

お気軽にお問合せください!
karate-do@skif-seidokan.com

2018年5月昇級審査

5月の稽古内、5日にかけて行った20名の昇級審査は、無事全員合格。合格者一人一人に、細川師範から賞状授与です。

さっそく新しい帯にチェンジ! この瞬間は、道場生にとって本当に嬉しいものなんですよね。

審査は、國際松濤館空手道連盟の審査規定に基づいて行うものでありつつ、出席日数・日頃の稽古態度・年齢や体力の違いも考慮の上、全体を見て昇級を判断します。

5歳児から学生、初心者の方、女性、ママさんと、体力に応じて無理なく稽古を続けながら、昇級・昇段してゆくこと。子どもはもちろん、大人も、目標と夢をもって人生を歩んでゆくことは、素晴らしいことです。


みんな、本当におめでとう!そして、黒帯目指して頑張ってゆこう!

◆5歳児から児童・学生・ママさん・一般の方と、随時道場生を募集しております◆

お気軽にお問合せください!
karate-do@skif-seidokan.com

 

2017年12月昇級審査

自分に挑む空手道。ただ、冬は「寒さに挑む」が一番かもしれません。そんな中、今年最後の昇級審査が3日間にわたり行われました。


以前よりブログで紹介している通り、昇級審査とは、日頃の成長を確認するとともに、昇級する帯に見合った努力をしているか否かを審査側が判断し、新しい帯と賞状を渡すもの。

審査日での技の習熟度はもちろん、普段からの礼儀作法、大きな挨拶ができているか、稽古に休まず来ているかも審査の対象となります。子供たちを送迎してくださる親御様の努力も、必要不可欠ですね。

さて結果は・・・。
審査を受けた道場生全員が、見事昇級しました!


みんな、本当に嬉しそう(笑)
細川師範からの「黒帯を目指してください。そして、黒帯からが本当の修行です。」の一言に、私も気持ちが高まりました。


ラストは全員で腕立て伏せ! 今冬も、道場生全員で元気に頑張ります!

◆見学、無料体験ご希望は、気軽にご連絡ください◆
karate-do@skif-seidokan.com

 

2017年8月昇級審査

今年2度目の昇級審査最終日。
技の習熟度審査とともに、大きな声で挨拶ができているか、気合いは十分か、礼儀を欠いていないかも審査基準となります。

自分を強くしたい気持ちに満ちている誠道館白帯女子の突きは、本当に立派です。

「絶対にオレンジ帯になる!」その意気込みが、突きに十分でています。

双方、呼吸と技を一致させての「組手」
審査前の休み時間の笑顔から、キリッとした表情に一転です。

昇級審査とは、日頃一生懸命稽古をしていく中で、自身の成長を確かめるもの。
それぞれの階級に見合った努力をしてくれるであろうと、審査側の師範も期待しているからこそ新しい帯を渡すのです。

「その帯にふさわしく、恥ずかしくないように、これからも努力してください。」師範の常の言葉。
それを、私自身念頭におきながら、子供たちの成長過程に心のパワーをおくるべく、子供たちと一緒に成長してゆきたいと思います。


審査の最後は、成長の記録となる記念写真撮影!(写真は道場生全員にプレゼント)

数年後、数十年後、改めて、この写真見返した時の、道場生それぞれの笑顔を願って・・・。

◆見学、無料体験ご希望は、気軽にご連絡ください◆
karate-do@skif-seidokan.com

昇級・昇段審査2日目

見事、審査に全員合格。

先生から、合格者一人一人への表彰・評価・握手に、また一歩、上の自分に向かってチャレンジしようとする気持ちが高まったこと。勉強・学校行事・空手道以外の習い事と、子供たちも忙しい毎日を送っていますが、今回の審査で、仲間と一緒に頑張る気持ち、仲間を応援する気持ちも、また一歩、高まったことでしょう。

これからも、空手道を通じて、子供たちの心こそ成長させてあげられたらの思いとともに、引き続き、保護者の皆様も、温かく見守ってください。

20150821_205203

 

 

昇級・昇段審査1日目

日頃の稽古目標とともに、伸びる節目となる大切なチャンス。だからこそ、昇級・昇段審査のこの日(8/17)は、普段より早めに道場入りしていた子供たちの姿。その緊張感と気合いが十分に伝わります。

自身の練習量、鍛錬成果を試す、今回9名のチャレンジャー。
「見るも稽古」その先生の一言で、審査中、待っている道場生は着座で見守ります。一層の緊張感に、本日、すべての審査項目を終了した2名が見事合格。その父と娘が、ともに空手道の門をたたいて約半年後の快挙。「帯の色が変わる!」親子の嬉しそうな表情は、当登場みんなの喜びです。

よし。全員合格を願って、今週末の審査2日目も自主練を頑張ろう。

IMG_7575