会報掲載


國際松濤館会報「天地人」に、当誠道館が掲載されました。

誠道館そして今の私の想いが詰まっています。

多くの皆様への、感謝と希望を込めて。

細川師範の誕生日 2018

「細川先生、お誕生日おめでとうございます!」

とにかく賑やかで、一人一人個性溢れる誠道館道場生たち。
そんな道場生たちへ、時に厳しく、そして温かく見守りながら空手道を指導して下さる細川師範。その想いを花束と記念品に込めて、誕生日プレゼントを送りました。


毎度のことながら、記念撮影前のドタバタ劇が凄まじい(苦笑)
ただこれも、誠道館らしさなんです!


道場生を、我が子のように、孫のように、ひ孫のように接してくれる細川師範。

これからもずっと元気満タンで!
私自身、細川師範の魂を受け継ぐべく、今後も子供たちと一緒に成長してゆきたいと思います。

2018年9月 指導員の独り言

増えたなぁ~。嬉しいなぁ~(^^)

1年前より2倍に。
とにかく賑やかで、休み時間も大騒ぎで、「ほら!道場を出る時も、ちゃんとしなきゃ!」の連日(笑)

ただ・・・

みんな違って みんないい!!

子どもたち、その親御様たちそれぞれ、空手道に対する思いがある。

「健康作りに」「運動不足だから」「ストレス発散!」を目的に、仕事や家事の後に稽古に来ている女性たちもいる。

そんな道場生の気持ちや、空手道の心・技・体を大事にしながら、道場生と一緒に成長してゆきたい。

「初心を忘れず、今の瞬間に集中」

今日からまた、新たな気持ちで頑張ろう。

2018年 道場生目標

「突きをもっと頑張る」「平安四段を覚える」etc
道場生全員が、本年もしっかり目標をもって取り組んでいる今。黒帯をとる事への熱意は誰もが共通です。
そんな中、当道場がある地元(栃木県那須塩原市)を離れ、東京で寮生活をしながら学校へ通う道場生が、見事、黒帯を取得しました。

寮生活をしながらも空手道精神を忘れず、夏休み・冬休みの帰省時は当道場で稽古。
取得までの7年間に、お母様の喜びもひとしおです。

個性や家庭事情、運動能力は、道場生各々違います。
それを親身に受け止めながら指導をしてゆくことが誠道館の基本方針でもある中、子どもたちが掲げた目標の実現に向けて、指導側も努力してまいります。

ホームページ内「道場生の声」を、ぜひともご覧になってください。
skif-seidokan.com/eacyaa

2017年 納会

さぁ、2017年を元気に楽しく締めくくろう!

親子リコーダー演奏、グループ対抗大トランプ神経衰弱、キミが№ワン総選挙、お菓子つかみ取り、細川師範VS保護者ジャンケン大会等、内容が盛り沢山すぎる納会も、あっという間に無事終了。

総勢32名と今までにない大人数の宴会が成功できたのは、お料理を準備してくださったり、ご一緒に参加してくださった保護者の皆様のおかげといっても過言ではございません。


誠道館は、家族のような関係性を大切に、みんなの絆を深めている道場です。

今年も、多くの皆様にご声援をいただき心から感謝申し上げますとともに、来年も、どうぞ宜しくお願い致します。

細川師範の誕生日 2017

那須塩原市内小学校では、早くもインフルエンザが流行の兆しを見せている中、誠道館では、引き続き心身ともに健康であり続けることも目的に、全員で稽古に励んでいます。

さて、10月最後の稽古日であったこの日は・・・。
道場生全員から細川師範への、サプライズバースデープレゼント贈呈式です!

「あなたは私たちが立派な大人になるように、空手道の先生として、時に御爺ちゃんのようにいろいろなことを教えてくださいます。その感謝の気持ちと誕生日を御祝いして記念品を贈ります。」
オリジナル表彰状に、細川師範の和らいだ表情が印象的でした。



次は、道場生1人1人の寄せ書き入りカードと、ブリザーブドフラワーの贈呈式。
贈呈担当の道場生が、とても緊張していました(笑)


ラストは記念写真撮影!

細川師範、お誕生日おめでとうございます☆

2017年11月2日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : seidokan

夏休み自由研究に空手道!?

今までの私の空手道人生で、こんなに嬉しいことはないといっても過言ではありません。
今年8月に入会したばかりの小学5年生女の子が、夏休みの自由研究に「空手ってどんな格闘技?」を取り上げたこと。
細川師範の驚きと嬉しさ、また道場生全員が「すごい!」「その資料ほしい!」の声をくみ、本人と保護者の承諾を得て、全員に資料を配布することとなりました。




「子供たちの興味、可能性が無限であることを改めて感じました。」
「私の信条の、道場生を育てながら育てられる、を、感じた瞬間でした。」
その、細川師範の言葉は、私自身の胸にも深く響いたこと。

『指導』というものを今一度考えつつ、子供たちのメンタルこそ強く、そして空手道への意欲を一層引きだしてゆけたらと思います。

◆見学、無料体験ご希望は、気軽にご連絡ください◆
karate-do@skif-seidokan.com

2017年8月23日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : seidokan

礼に始まり、礼に終わる。

「・・・(自分の名前)、入ります。」
「押忍、お願いします。」

稽古は、ここからがスタートです。

朝起きたら「おはよう」、ごはんの前には「いただきます」そして「ごちそう様でした」と言うこと。それは、人としての自然な姿であり、人間関係でも重要な行為であること。

空手道を通じて学ぶ礼の精神は、『人となる道』そのものなのです。

身体的な姿勢の強化も、空手道を通じて学べること。
それは、精神的な学ぶ姿勢をつくるとともに、集中力の向上にも役立ちます。



「挨拶もできない大人にならないように」
道場生には、どこに行っても立派な礼儀作法ができるようにすることが、誠道館の目指すべく、もっとも大事にしている道です。

これからも、空手道の本当の精神を正しく理解し、道場生みんなが稽古を続けていけるよう、指導側も努力してまいります。

引き続き、宜しくお願い致します。

◆見学、無料体験ご希望は、気軽にご連絡ください◆
karate-do@skif-seidokan.com

2017年6月20日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : seidokan

共に学ぶ仲間の大切さ

子供たちの春休み明けより那須塩原市の過ごしやすい陽気とともに、道場生の「寒い・・・」の言葉も聞こえなくなりました(笑)

さて、5月1日の稽古は、ほぼフルメンバーで元気にスタート。


年齢・性別に関係なく、みんなが同じように学ぶ事。
強く、時に楽しく、共に生きる力を育むことは、空手道の技術だけでなく、精神ともに確実に成長します。


「子だけでなく、自分もやってみたい」お母様は、仕事とは違う環境で、心身ともにリフレッシュ!
相互に教え合い、学び合う気風が尊重されているのも、誠道館らしさのひとつです。


共に心身を鍛える仲間だからこそ、挨拶は基本中の基本であり、それをとても大事にしている空手道。

「ありがとう」
その一言を、日本語、英語、イタリア語、そして、1ヶ月前より中国語「フェイチャン ガンシェシエ」もプラス!

空手道を通じて、世界中に友達の輪を広げることも目的である誠道館。
次は、ドイツ語?韓国語?師範が考え中です(笑)

「心身強くなりたい」「子どもに礼儀作法を身につけさせたい」「運動不足を解消したい」など、一人一人の身体能力や目標にあった稽古ができるよう指導しています。

体験(1ヶ月間の無料体験稽古あり)・見学は、お気軽にお問合せください。

◆お問い合わせE-mail◆
karate-do@skif-seidokan.com

2017年5月2日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : seidokan

2016年 納会

道場生男子2名の司会進行とともに、細川師範の挨拶で納会スタート!

料理&おしゃべりタイムを楽しみながらも、空手道納会らしく第一弾の余興は「順突き100回選手権大会」

なでしこ女子チーム・サムライ男子チーム・日英国際チームの、3チームで競争です。

なんとなく予想はしていましたが…
誠道館の女子は、強いです(笑)

第二弾の余興は、道場生による恒例のミニコンサート♪
子供たちの様々な能力には、驚かされるばかりです。

さぁ終了!
子供たちだけでキレイに片付けをした後は、「これからも頑張ろう!」クラッカー☆
まずは、「風邪をひかないように頑張ろう!」の私の心境でした(苦笑)

道場生がとても仲が良く、お互いを支え合う気持ちを各々が高めつつある今、 私自身も子供たちと一緒に、その気持ちを一層高めてゆきたいと思います。

素敵な保護者の皆様にも、感謝と希望を込めて☆

 

2016年12月19日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : seidokan