2019年 細川師範(館長)挨拶

明けましておめでとうございます。

本年も、明るく元気で情熱を持って空手道の稽古に励み、稽古ができることに感謝して、道場生全員が努力し成長する一年になればと思います。

2019年の当道場目標は、『礼儀作法は必ず真剣に正しく行うこと』の意識付けです。

1.道場に入る時、帰る時の礼儀作法
2.稽古始めと終わりの礼儀作法
3.準備運動中の真剣さと正しさ
4.基本・型稽古中の真剣さと正しさ
5.組手稽古中の相手への尊重心、真剣さと正しさ

以上5つの意識づけとともに、何より稽古で一番大事なことは、『必ず真剣に正しく行うこと』です。

この5つに対し、道場生全員が協力し、力を合わせて努力しながら、必ず達成してゆくことが大事です。その達成こそが、道場生全員の大きな成長となります。

尚、最近は、幼児や低学年の体験者・入会者が多いため、明るく伸び伸びと稽古ができるよう、当道場指導員とともに心がけます。

皆様、本年も宜しくお願い申し上げます。

SKIF誠道館三島空手道場 師範 細川輝秋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です