礼に始まり、礼に終わる。

「・・・(自分の名前)、入ります。」
「押忍、お願いします。」

稽古は、ここからがスタートです。

朝起きたら「おはよう」、ごはんの前には「いただきます」そして「ごちそう様でした」と言うこと。それは、人としての自然な姿であり、人間関係でも重要な行為であること。

空手道を通じて学ぶ礼の精神は、『人となる道』そのものなのです。

身体的な姿勢の強化も、空手道を通じて学べること。
それは、精神的な学ぶ姿勢をつくるとともに、集中力の向上にも役立ちます。



「挨拶もできない大人にならないように」
道場生には、どこに行っても立派な礼儀作法ができるようにすることが、誠道館の目指すべく、もっとも大事にしている道です。

これからも、空手道の本当の精神を正しく理解し、道場生みんなが稽古を続けていけるよう、指導側も努力してまいります。

引き続き、宜しくお願い致します。

◆見学、無料体験ご希望は、気軽にご連絡ください◆
karate-do@skif-seidokan.com