2017年 子ども伝統芸能発表会

第3回、那須塩原市 子ども伝統芸能発表会に参加。
那須、殺生石の九尾の狐vs勇敢な空手道キッズとの闘いを、音楽にあわせての演武披露です。
「えっ…みんな、本当にかっこよすぎる」


一番緊張していたのは私自身だった中(苦笑)、 その心配は何のその!
客席の皆様から「かっこいい」「あんなに小さな子も頑張ってるんだね」「演出がとてもいい」「孫に空手を習わせたい」など、大好評だったようです。

私もホッと一安心・・も束の間、「打ち上げだ!」と子供たちの声(笑)

小学6年男子の道場生が作ったケーキに、皆大満足!
その道場生のお母様がオーナーであるお店にて、次々にでてくるお菓子は、あっという間に空っぽ。
食事をとりながら、「今日の僕は90点!」「私は85点かなぁ」「MVPはルイ君だね!」など、本日の反省会とともに、トランプやビンゴゲームを楽しみました。

この日まで、みんな、本当に頑張ったね。
何より、子供たちが伸び伸びと演武ができたのは、客席からあたたかな眼差しで見守ってくださった、親御様たちの存在あってのものです。いつも本当にありがとうございます。

これからも、道場生一人一人の個性を大切にしながら指導しつつ、道場生自身が、仲間がいることの楽しさや嬉しさを自然に実感できるための、稽古場雰囲気創りも大事にしてゆきたいと思います。

お子様だけでなく、ご年配の方、女性の方、初心者の方も大歓迎です!
見学や体験は、お気軽にお問合せください。

お問い合わせE-mail
karate-do@skif-seidokan.com

2017年2月6日稽古

那須塩原市の2月の夜は本当に寒い。
ただ、その寒さに負けず力いっぱい稽古に励む道場生の姿に、一人一人が、また一歩、大きく成長したなぁと実感する頃です。

稽古の途中、中学2年生男子道場生の黒帯取得式として、そのお父様が代理受取。
東京の某校を受験し寮生活をしつつ、夏・冬休みの長期休暇は地元に戻り、みんなと一緒に稽古。
その頑張る姿は道場生みんなの手本であり、黒帯取得という立派な成果を収めました。

さぁ、みんなも負けていられないぞ!
次の昇級審査、そして今月26日の市伝統芸能発表会に向けても、技と心を一つに頑張ります。

そして最後は、きちんとモップかけ、なのですが。。
「五関さん!!  雑巾リレーやろう!!」と。
子供たちだけでどうぞ・・・と言うよりも先に、私もチームに入っていました(苦笑)

冬も元気な誠道館道場生一同。新たな仲間は、いつでも募集しています。
見学・体験は、お気軽にお問合せ・お電話ください!